シャンティ店長の病気のこと(2)

10月27(土)、シャンティは今まで以上に元気になっていました。

脳圧を下げる薬と、脳の炎症を抑える薬(ステロイド)が効いていたのです。

大変申し訳なかったのですが、この日に予定していたイベントは

大事をとってキャンセルさせて戴き、お家で静かに過ごしました。

10月28日(日)、幸いこの日も変わらず元気でご飯をモリモリ。

近場ということもあり、思い切って予定していたイベントに参加!

(もちろん、いざという時の準備を整えて^^)

何事もなく無事に1日が終わり、ホッとしました。

10月29日(月)、朝9:30の予約で、大学病院へ伺い、脳の画像検査の前に

あらゆる検査をしてもらいましたが、内臓も血液も異常はなし。

大学病院の先生の判断では、明らかに脳の問題。

考えられる病名は、「脳腫瘍または脳炎」

脳腫瘍の場合は手術または放射線治療になるとのこと。

午後はいよいよ全身麻酔で脳のCT、MRIを撮る予定だったのですが、

でも・・・やっぱり。

この状況で全身麻酔は非常に気になります。

よくよく先生のお話を伺い、検査の数値上は全身麻酔には十分耐えられるが

「脳に異常が認められる場合、呼吸が戻らないこともある」

(全身麻酔は、私も経験がありますが、人工呼吸器に繋がれるのです)

との一言で、私達の気持ちは固まりました。

例えば脳腫瘍だったとしても、高齢のシャンティに手術も放射線治療も望まない。

そして、脳腫瘍でも脳炎でも使う薬は同じだということ。

(脳腫瘍の場合は腫瘍が大きくなれば、薬だけではそのうち抑えられなくなる)

ならば、せっかく繋がった命を、検査のために危険に晒すことは出来ない。

「脳腫瘍かも知れないということを承知の上で、生涯薬で症状をコントロールする」

(脳炎も完治ということはないのだそうです)

という治療方針を選び、「今を生きる」ことにしました。

今現在、掛かり付けの先生のところで、脱ステロイド(長期使用は副作用があるため)

に向けて、別の薬を調合して戴いておりまして

おかげさまで、シャンティ店長は元気に過ごしております!!!

先日のイベントではこの笑顔♡ご機嫌さんです^^

似たような症状のワンコのご家族がいらっしゃいましたら

念のため、獣医さんに是非ともご相談戴ければ幸いです。

後悔先に立たず。「もし、あの時こうしていれば…!」ということがないように

供に今を生きて参りましょう☆

コメント

  1. シャンティ君の病気のことを初めて知りました。ビワドッグでよくお出会いしてた、ジャックラッセルテリアのアンディです。夏にもお出会いして、ご挨拶もしましたね。12月24日にもビワドッグに行く予定にしています。今年もお出会いできるかなと思ってましたが、決して無理をしないようにしてください。作っていただいたお弁当箱、大切に使ってます。ありがとうございました。

  2. Feliciteシャンティ より:

    アンディ君、温かいお言葉を ありがとうございます〜っ!!
    実は今、ビワドッグさんにおりまして・・・Buddyさんの冊子にバンダナをつけたアンディ君とトルストイ君のお写真が並んで掲載されていて「わぁ」って感激していたところだったのです^^バンダナもお弁当箱もご愛用下さり本当にありがとうございます!
    昨日の診察の際に「他のワンコに喧嘩を売るくらい元気になりました」と報告しましたら「え!そんなに?!」と本当に驚かれておりましたので、クリスマスイブにも元気にアンディ君にお会い出来ることと思います!楽しみにしておりますので、どうぞ宜しくお願い致します✨

    • アンディ より:

      楽しみにしています。ビワドッグの11月26日のフェイスブックにシャンティ君が大きく載ってましたね。ちなみに、アンディもフェリシテさんのバンダナを付けた写真を9月12日と10月10日のフェイスブックに載せてもらってます。